オンラインカジノの歴史をお伝えします。

オンラインカジノの歴史を お伝えします。

オンラインカジノはどのように出来たのか?

また一番最初に開発したのはどこなのか?気になると思います。

ここでは世界初のオンラインカジノを始めた会社や、きっかけなどの出来事を紹介していきます。

 オンラインカジノのきっかけとなった出来事と開発元

オンラインカジノの歴史は1994年に「アンティグア・パーブーダ」というカリブに浮かぶ小さな国が世界で初めてオンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律が可決されたことがきっかけとなりました。

オンラインのソフトウェアを初めて開発した会社は「マイクロゲーミング社」という イギリス領マン島に拠点を置く会社で運営ライセンスの法律が可決された年(1994年)に設立されました。

そして一番重要であるセキュリティソフトが出来たのは約2年後の1996年、オンライン上における金銭のやり取りを安全に取引出来るようにと「クリプトロジック社」が設立され、セキュリティソフトウェアが開発されました。

このセキュリティソフトの開発によりようやくカジノの運営が始まったのですが、実は開発当時、重要な問題が発生していたのです。

それは運営側の「未払い」や「運営都合によるアカウント停止(不当な停止)」「運営による不正操作」などがあったそうです。

現在はライセンス発行国の審査基準を高くしたり、取り締まりの強化によってそういったサイトはほぼ皆無となりました。しかし完全にゼロではない為合法のカジノサイトを選ぶことこそが楽しく遊ぶ上で重要となってきます。

まとめ

1994年に世界初となるオンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律が「アンティグア・パンプーダ」で出来ました。同じ年「マイクロゲーミング社」が世界初のオンラインゲーミングソフトを開発しました。

2年後の1996年。「クリプトロジック社」がオンライン上の金銭のやり取りを安全にするソフトウェアを開発したことがきっかけとなりオンラインカジノの運営が開始されセキュリティの強化、各会社がサービスを開始し現在に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です