オンラインカジノに不正はあるの?信頼性について解説

オンラインカジノに 不正はあるの? 信頼性について解説

今回はオンラインカジノの信頼性についてお話させていただきます。

オンラインカジノの信頼性

オンラインカジノの信頼性

カジノ運営とソフトウェア管理

オンラインカジノの特徴としては、カジノの運営とソフトウェア作成と管理がそれぞれ独立していることです。

カジノ運営側が独自のプログラムを展開しているわけではありません。
カジノのソフトウェア作成専門の企業のシステムを貸してユーザーに提供しているという形になります。

このようにすることで、カジノ運営側が確立などの不正操作をさせることなくゲームを公平にプレイすることを約束されています。

ライセンスについて

オンラインカジノのライセンスは基本的に国や政府が担い、厳しい監査の元オンラインカジノを監視しております。

監査内容としては

• システムが公平に作られているか?
• 確率に偏りはないか?
• 実際どのくらい賭けられて、どのくらい払い戻されたのか?
• マフィア、暴力団など反社会的集団とのつながりはないか?
• マネーロンダリングの手段になっていないか

このような項目をカジノ側はライセンス発行の時に、継続的に審査を受けております。

日本のオンラインゲームのアイテムの課金でも、レアアイテムの排出率を日本オンラインゲーム協会の自主規制で判明することができましたが、オンラインカジノはレアアイテムの確率と比較にならないぐらい厳重に審査が入っております。

オンラインカジノを課金の例としてあげると、確率を明かすだけではなく確率通りに出現するようにプログラムが組み込まれているのか、実際にどれくらい課金されておりどのくらいレアアイテムが出現したのかなどを第三者機関の監視の元、国や政府がお墨付きをもらえるという感じとなります。

オンラインカジノでも厳しい審査や高い審査料金を支払う義務がありますが、それよりカジノの信頼性を担保して、ユーザーが安心できるようなネットビジネスを展開することを志しております。

ライセンス発行とを行っている国や政府は以下の通りです。

・オルダニー
・オーストラリア
・ベルギー
・ベリーズ
・コスタリカ
・キュラソー
・エストニア
・ジブラルタル
・マン島
・マルタ
・イタリア

ライセンス発行機関で有名なのがこの2つになります。

・eCOGRA
・TST

まとめ

今回はオンラインカジノの信頼性についてお話させていただきました。

カジノ運営とソフトウェアが別々なので、不正を行うことは基本できません。
そしてライセンスを会得し、監査機関が働いているので日々厳重な審査が行われております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です